処分前の確認

大金

日本では廃車にする目安を「10年・10万Km」としていますが、現在の自動車は質が良く、10年・10万Kmを超えても廃車にするほどではありません。しかし買い替えの目安として、未だにこの基準が用いられているのは事実です。 そこで不用になった自動車の処分ですが、古くなった車は廃車処分してしまうのが一般的です。ただ、先述したように古い車でもまだまだ需要はあります。つまり、廃車にするしかないかなと思われる自動車でも買い取りをしてもらうことができるのです。 廃車にすれば持ち出し費用がかかりますが、買い取りならお金を受け取る処分することができてお得です。そのため、損をしたくないのなら廃棄してしまう前に必ず車査定をしてもらいましょう。

廃車の買い取りで気になるのは実際にいくらで買い取ってもらえるのかということでしょう。しかし、こればかりはいくらと相場を出すことはできません。 というのもメーカー、車種、年式、走行距離、傷み、汚れなど自動車の状態は一様ではないからです。状態が変われば同じメーカーで同じ車種の自動車でも買い取り価格は当然変わってくるため、1車ずつ査定してもらう必要があるでしょう。 また、廃車買取業者によって買取価格も変わるため、1社ではなく複数社に査定をしてもらうことがおすすめされます。複数社に査定してもらえば、一番高値で買い取りしてくれる業者が分かりますし、また各社の査定額を比較することで愛車の相場も見えてくるでしょう。